カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリーから探す
コンテンツ

ドライフード

 

1kgのドライフードを作るのに1.2kgの生肉を使用

プラチナムのドライフードは1.27kgの新鮮な生肉を丁寧に無水調理で煮込んでいくことで、1kgのドライフードが完成します。低温調理でじっくり無水調理したあとゆっくり常温に冷ましてから熱に弱いオイルやビタミンを配合します。

FSGでヒューマングレードの新鮮な生肉を調理

FSGはドイツ語のFleischsaftgarung(Fleisch=肉、Saft=肉に含まれる水分、Garung=調理 )の略であり、肉そのもののうまみと栄養を最大限に引き出す世界で唯一のチュラル独自の調理方法です。人間も食べられるヒューマングレードの生肉の栄養価をできる限り壊さずに一流料理人が高級レストランで使うテクニックで調理していきます。

アレルギーに配慮(グレインフリー/グルテンフリー)

高品質な原材料を使用している上、全てグレインフリー/グルテンフリーで、アレルギーに配慮。FSG調理法を起用しているので少ない量で栄養価が高く消化しやすくなっています。お腹が敏感なワンちゃん、消化不良を原因とする皮膚のかゆみなど、アレルギーが心配なワンちゃんにも安心して与えることができます。

犬の健康に悪いものはダメ

プラチナム ナチュラル ドッグフードは、犬の健康に良くないものは使用しません。副産物、誘引物質、人口保存料、冷凍物、着色物、調味料や化学調味料を使っていません。遺伝子組み換えの材料も使っていません。人間のカラダと同じように大切に考え、新鮮で安全な素材を使っています。酸化防止には天然抽出物のトコフェノールを使用しています。また保存料として天然抽出物のソルビン酸カリウムを使用しております。

またプラチナムは酵素分解で作られた安全なタンパク加水分解物を称しています。
タンパク加水分解物とは、肉、魚、大豆、小麦、とうもろこしなどのタンパク質をペプチドやアミノ酸レベルまでに分解する製造方法の一種です。加工食品の裏面表示に「タンパク加水分解物」というのをご覧になったことがあるかと思いますが、酵素分解か酸分解では安全性が異なります。プラチナムは安心な酵素分解で処理されています。

胃捻転に配慮

胃捻転とは、胃が大きく膨れた状態で運動し、重くなっている胃がお腹の中で振り子のように揺れ、走ったりジャンプしたりした衝撃で胃がねじれてしまう状態です。大型犬になるほど注意する必要があります。

通常のドライフードは水分を含むと膨張し体積が倍以上になることもあり、食べたものが胃の中でパンパンに膨れてしまうことで胃捻転になる可能性があります。また消化時間が9〜11時間かかるフードも多く存在するため、消化時間の長さも胃捻転の原因と考えられています。

でもプラチナムのドライフードはFSGで水分を含んでしっかり煮込んでいるため水分を含んでも膨張しません。ですから普通のドライフードよりも胃捻転の心配がすくなく、大型犬にも自信をもってオススメできます。

この実験でもわかる通り、プラチナムはほとんど膨張していませんが、一般のドライフードは体積が倍以上に! イヌの胃の中でも同じことが起こっているんです。膨張することと消化のしやすさは関係ありません。(煮込んだ肉は膨張しませんよね)消化性は原材料の質とどのように調理されるかによって決まります。